スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 2013.05.01 Wednesday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

ちんくーについて

muさんにちんくー(真空放電)評を求められたので書く。

一言ではまとめられそうにないのでつらつらと。

 
ちんくーは、最初の大連合化のときにうちの連合に入った。

んで大連合が軌道に乗った後の、第一節終盤か第二節序盤あたり(覚えていないw)に、自分の連合作っていいですかってきたので、どうぞどうぞと。

このとき私は、それはラッキー!これはもうけものだーと思ったのだった。

その理由は、まず、連合員を募集するのは大連合外からになるから廬山魏の連合化率が進む、次に、自分で判断できる盟主という人材が確保できる、の2つだ。

この2つ(連合化と盟主)は、このゲームの合戦の勝利の必須条件とでもいえるものである。

それを自分からやりたいというのだからこんなに喜ばしいことはない。
そして、ちんくーちゃんはこの2つをゲーム終了までがんばってやったのである。なんとすばらしいことでしょう。廬山魏が三連覇できたのもちんくーちゃんのおかげなのでした。

とはいえ、自分で判断できる盟主の判断がおかしかったら・・・

これが顕著にでたのがちんくーちゃんの迷走シーズンである。

簡単に言えば、ちんくー連合が遊撃していたこと。大連合が正面に多段突撃をするのがベストな戦術であるというのは何回も以前の記事に書いた。遊撃がいかにだめかも以前に記事に書いた。

なのにうちの連盟の主力連合が遊撃だと・・・

他 の外の連合にまとまりましょうと声をかけるにしても身内が遊撃していては説得力がないということで、何回もちんくーちゃんに言ったのだが、ちんくーちゃん は、ちんくーちゃん理論によって遊撃をしていたため、一向に話を聞かず、「自分で判断できる盟主」が裏目にでた悲しい話でした。

そのあと完全独立していったので何も言わなくなったのだが、普通に正面戦力になってくれて第四節も勝てていけた記憶。やっぱりこれも遊撃はだめだと内省したものとおもう。

ここまで書いて、改めてちんくー評をする。

彼は、自分で考えて試行錯誤できる人である。

そしてこれは私が最も重要だと考えていることである。

                             続く…?

スポンサーサイト

  • 2013.05.01 Wednesday
  • -
  • 21:20
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

関連する記事
コメント
コメントする








   

PR

calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

recommend

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM